2008年11月30日日曜日

ROUND79 - ラフは深さを読み分けること

今日は久方ぶりにH社さんのコンペでLIDOです。
新品のCartをごっそり購入したため、Rp.700,000近くに値上げしたようです。
このコンペでは、2回優勝させてもらっているので、HC7になってしまっています。

同フライトは、THさん、ローカルのMMさん、IBさんです。
今まではNo.10からのスタートだったのが、今日はNo.1からのため、違和感あり。
W1を握る。予想通り悪夢的中、入れてはいけない右の谷へ。親切にもボールの行方を見ていてくれるオジさんが、ボールを見ていてくれて発見するも、余りにラフが深すぎです。I7でフェアウエーに取り敢えず出そうとするも、簡単にボールに当たりません。5回もこのラフの中で打つ羽目に。=いきなり5オーバー。

今日の教訓:ラフは深さを読み分けること、時には1ペナで出す勇気も必要。

しょうがないので、気持ちを入れ替えてNo.2へ。キャディーがW1を渡すので使うが、フェアウエーは3回しかキープできず。
結局、Par3、Bogey2、DB1、TB1、5O2=53と、とんでもないスコアになってしまう。

後半は、W3でTeeShootすることを決める。これがこのコースでは大当たりで、同伴競技者より距離はでるし、ドラコンホールではドラコンをGet。BurnerW3はお勧めです。W1は必要性を感じません。
Par3,Bogey4,DB2=44. 当面、Bogeyペースを目標にしているのでこのイメージを忘れないように、次回に繋げよう。

同伴者のTHさん113、少し後傾が気になります。IBさんは以前と比べかなり腕を上げられ、チップインBirdieも、127。MMさんは調子が悪く101。

全員ニギニギ大会のため、結果が恐ろしかったのですが、BG95だったので中間の順位で済みました。
新しいBurnerW1ホワイトシャフトを入手したSZさんが優勝です。StartHoleでは、いい当たりでDCを取っていました。憧れます、買っちゃおうかな?=これも家族決済要です。

0 件のコメント: