2008年11月8日土曜日

ROUND72 - 無理をしないManagementがParに繋がる

今日は第427回ONOKOコンペ、Karawang Internationalです。
月一回、歴史を積み上げてきたコンペで、インドネシアで最長の歴史を持つコンペだと思っています。
先月は緊急帰国のため欠席で、残り2回となりました。ズーッと優勝を狙ってきましたがここまで2位が最高で、今日は気合をいれます。
ルピア暴落で両替で得をしたので、TMのWedge58度も購入してのコンペです。Rp.1,490,000でした。
ちなみにUS$1=9,300が10,300でした。

今日は、赤いWさん・独身貴族Nさん・同じく赤いFさんで、Jasmin-Lotusです。
1番Par5。W1いきなりチョロ、川の手前で辛うじて止まる。左足下がりの2打目、W3。練習の成果がでるか?しかしチョロLagiで川へ。やっぱり無理したら駄目です。結局+3を叩く。
5番ではW1 でチョロ、W3で池ポチャと同じパターンに陥るが、40Yのアプローチを新兵器W58でショット。イメージ通りの球は、グリーンのスライスラインを転がって、チップインBogey。いきなり新兵器効力を発揮する。
我慢我慢で、6番まで連続Bogey。結局1番以外は、1Par,7Bogey=46でハーフ終了。少し手ごたえあり。

後半も耐えるゴルフ。なかなかParが取れません。
5番でW1ナイスショット、残り90YをW58でやっとParOn。2パットでPar。
6番のショートは4階建て。最近このホールI7で得意になってしまい、竿1本+につける。2パットでPar。
7番もW1ナイスショット、W58でParOn、2パットでPar。
無理をしないManagementで、こうも簡単にParが取れてしまうのでしょうか?
9番は無理をせずI5でティーショット。2打目は150YをI8でParOn。しかし、最終ホールKarawangのグリーンにやられて、3パット。FirstPatt大事に寄せないと駄目です。
結局、3Par,5Bobey,1DB=43、合計89。ハンディキャップが17なので72、密かに期待してコンペ会場へ。しかし、30もハンデがあるYさんが98で-4、Sさんが86でBestGrossと2位。結局ハンデを2つ減らされる3位となってしまいました。NearPinは1つ取って、年間ランキングは2位に。1位のSさんは帰任のため、最終月に2点以上確保すれば、年間王者獲得です。これで厄払いだ!
来月に向けて、精進を決意。帰宅後PutterMattを出して、PとW58を練習開始です。

今日の教訓 : 無理をしないManagementがParに繋がる

0 件のコメント: