2009年1月12日月曜日

KIJANG 1st Generation - 2nd Version(?)


KIJANGの鉄板溶接ボディ+ポリカーボネート窓ガラスタイプ、遭遇です。
国営電力会社(PLN)が、未だ現役で使っています。問題なく走るそうです。
ジャカルタ新聞によると、初代はビニールシートの雨よけが窓開口部に垂らしていたそうなので、それ以降のタイプだと思います。

フロントガラス下には、外気取り入れ口があり、エアコン替わりだと、運転手は話してくれました。









ハンドルは革巻きだったようです。








荷台は錆びて穴が開いてます。

0 件のコメント: