2009年3月7日土曜日

ROUND22 - 一つ間違うと恐ろしいコンペ

今日はRancamaya 比較的狭く、そして最近得意でない丘陵コースです。クラブハウスの目の前でGunung Sara(?)がお出迎えです。
三連休なので、元々Roundする予定は無かったのですが、昨日午後になってMTGさんが体調が優れないので、代わりにコンペに出てくれないかと頼まれ、快諾した次第。
後になって、とんでもないコンペだということに気づきました。

会社対抗4+4コンペなんですが、何でも有りの大型オニギリコンペ。
前回同僚は2J以上納めたそうで、MTGさんは体調以前にそれが嫌だったようです。
はめられたのか?と思いつつも、GOLFバカの私は久しぶりのRancamayaに喜んで参戦してしまいました。

何でも有りと言うのは、オネスト(Grossと2HolePar&2HoleBogeyでNett)、オリンピック(ダイヤモンド金銀銅鉄、カン、一通、竿・水・砂一)、バンカー・水・ロスト・OBの罰、会社対抗Grossトータル、といった感じ、その上レートが高い!のです。私は初参加なので、あくまでマイペースを保って、平常心でStart。

No.1Par4 354Y、W1は左に引掛け気味、2nd I7で左手前バンカーに、15Y砂一・竿一(オリンピック7点)でPar。幸先がいいです。

W1はよくも無く・悪くも無く、アイアンが真直ぐ飛びません、先週1回しかRound出来なかったので、イメージが出来ていません。
昨晩、自宅でW58の練習をしている時から、何度も2度打ちしていました。嫌な予感が的中、No.7でグリーン脇からのW58で2度打ちしてしまいました。→TB。

NO.9Par4 360Y W1 左OBも右は開けている、新しいBallに変え気合を入れるも、左へギリギリOB?暫定もまた確実OB、5打目テンプラでFairway、お客さん頭が上下していますよ! I7で池手前に刻むつもりがチョロ、松平さんが来てしまいました。残り190Y、池まで100Y・グリーン手前にはバンカー・左奥にCup、こうなったらW5でチャレンジ→高く上がりバンカーを越える、確認すると惜しくもグリーンからこぼれている、ここから2Puttで結局6B。

No.13Par5 459Y 左ドッグレッグ W1で右側、W3でナイスショット、残り50Y W58で2mに付けるも、2PuttでPar。他の2人も楽々Parなので、ここはサービスホールでしょう。
後半No.14Par3 149Y 池超えの打ち下ろし、アイアンが全く切れてません、今度はトップで池にMusk、グレーン脇のDropZoneからW58でP&R、水一竿一でBogey、オリンピック+10。
Out52+In46=98(28Putt) Par5,Bogey5,DB6,TB1,6B1
今日は1Puttが10回、その内竿一5回、砂一3回 でカン1・一通1で53点獲得。Puttはキレキレです。
バンカー・水・OBでXは14回も、これを減らさないとShotが減りません。

最終結果は、オリンピックがぶっちぎりだったので、トータルで1.6J Getです。同僚YTさんが、1ホールだけで21打(17オーバー)なんて、とんでもない事を、これが無ければ団体戦も面白かったのに、前回に引き続き完敗です。
あまり緊張感も無く、Roundしてしまいました。次回は緊張して、団体戦頑張ります。

にほんブログ村 ゴルフブログ 海外ゴルフへ
にほんブログ村

0 件のコメント: