2009年7月4日土曜日

ROUND54 - 練習の成果は如何に?

先週日曜日は仕事の後、MMのうちっぱに行って来ました。
150球打ちたかったのに、100球刻みしか受け付けてくれず、200球打込むことに。

Wedgeは目測した後、直ぐにShot、距離に対する感覚を磨く。人工芝では自分の感覚が合っているのか、とってもビミョーです。

Ironは8割ショットを心掛ける。今日は左の壁を意識して軽くコントロールShot、いい感じで打ててます。

最近しっくりこなかったW1、TeeUpの位置を3つ左側+バックスィング腕を真っ直ぐ高く。
最初は上手く飛びませんでしたが、段々と良い感じで飛ぶようになりました。

練習で少し自信を取り戻し、一年ぶりにSenayangでRound。
大先輩のODさんは20年振りのRoundとのことですが、Club Houseが立派になった以外は、その当時と何ら変わっていないそうです。

コースの木は枝振りが良くなっているそうです。この隙間を縫ってTeeShotしなければなりません。左のブーゲンビリアなんてかなり大きいです。
大先輩からのYDさんへのコメントは、体重が後傾しているので、方向性が悪いそうです。それと2回目の素振りが良いので、2回目にShotした方が良いのではと、極秘情報を言い渡されました。(←これを読んだら偶にはコメント下さい)

このHoleも狭いです。私はチョロしても橋の上を転がるように打ったら、NiceShot出来ました。
HKさんへの大先輩からのコメントは、右手の親指を切り落としなさい、とのこと。Indonesia歴3年ですが、球筋は未だに変わってません。そんな頑固なHKさんの成長をお待ちしております。

ここはNo.5Par5 484Y W1ここまで飛びました、Greenまで240Y位、2ndはW3で普通の当りで真直ぐ、Green Edgeにオーバー、W58でEagleアプローチも3mに3On、だけど2Putt、ここのGreenは重いです。感覚合わずの一日。

これはNo.4Par4 304Y だったかな?右ドックレッグ、W1いい当り過ぎてバンカーまで来ちゃいました。
だけど3On2Putt。

今日はSenayangでCow Boyに遭遇しました。
テンガロンハットに、緑色の皮のパンタロンをおめしになられてます。
Ballを打つべき方向に背中を向け、右手に持ったW1をCow Boyが投げ縄を廻すように振り回しています。変わったお方だなーと、私は通り過ぎると、後ろに居たYDさんとHKさんが、唸っています。
さっきの体勢のままTeeShotしたそうです。驚くことにBallはFairwayど真ん中にNiceShot。
どうなっているんだ??? この人は??? こんなTeeShotの打ち方有りなんですか???
ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

てなことで今日の結果、
I45+O45=90(S54+P36) Par5,Bogey8,DB3,TB2
Puttが本当に合いませんでした。
大先輩ODさんに私のRound振りを見て頂くと、何でも無いところでMissをしてくれて、憎めない奴だと評して頂きました。これって喜んでいいでしょうか?

結局、20年振りの大先輩とScoreが一緒でした。本当に成長しない自分自身に腹が立ちます。

0 件のコメント: