2009年7月19日日曜日

ROUND58 - 一巡するまでお預け状態?

「最近アップロードが遅く御免なさい。泥棒のせいで尚更遅くなってしまいました。
しかし、2002年に買ったVAIO遅すぎです。写真も時間が掛かりすぎ、挫折しちゃいそうです。
それと、今まで記録していたGOLFの記録がNoteBookと共に、今年の半分のDataが無くなってしまいShock!クククゥー!」

Surabaya第二戦を終え、空港でミーバクソーを頂いております。食べるのに一生懸命で、写真を撮るの忘れました。美味いです、特にチリソースが堪りません。

Surabaya周辺には6つGOLF場が有るそうで、今回のGraha Familiで2つ目。SubarayaのGOLF場は難しいです、一巡して慣れるまであと4コース、益々平均Scoreが下がりそうな予感。

水が多く複雑なLayoutのため、距離感が掴めません。しかも今日のW1は真っ芯に当っているのか、よく判りません、体がバラバラ、何かオカシイ感じです。

No.1Par5 426m いきなりDC Hole、ヘッドアップでトップ、ガーン、どう見ても目の前を横切っている川に入ったようです。歩いて小川を調べるとBallが見当たらない、同伴者のITさんが川の先にあるBallを見つけてくれて、何とかセーフ。まだまだ距離が残っていますが、コースが右に曲がっていってるので、W3を止めてW5でShot、コースなりに飛んでいってくれました、Ballの位置を確認すると、先には又も川が有るではありませんか、ギリギリセーフ、カナリAwayの心境です。W58で11mにParOn、Puttは朝の練習で感覚は掴んでいたので難なくPar、いいStart。

だけど今日のキャディーさん、カナリHigh Tension、私がついて行けるか…心配です。
私が思い通りにいかなでムッとしていると、『怒らないでー! 楽しくやりましょー!』と、励ましてくれるし、気を使って水を持ってきてくれます。気が付くけどとっても脳天気、自分のScoreが悪すぎて自分が脳天気になれません、もうチョッとマシな時にご一緒したかったです。でも、Indonesiaでは珍しいキャディーさんです。

前向きなGOLFをしたかったのですが、キャディーさんの応援空しく、前半気がつくとParが1つ。No.9Par5 437m ではDC狙って墓穴を掘り、OB2発の松平さん、W3に持ち替えるも8On2Putt。
なんてこったい、全Hole罰金の54、OB3発!

後半は気分を入れ替え、楽しくROUNDを誓ってスタート。

No.1oいきなりPar3 127m PWでShortもW58で4mに寄せてPar Start。

No.11Par4 241m 池まで160mのため、1On狙いをしない限り刻みます、I8で左がBestですが右目に。PWで110mも今日はアプローチが全く決まりません、左に引っ掛けラフ、W58でGreenOver、再度W58で2mに寄せるも2PuttでDB。Greenはズーッと早いです。

No,13Par3 109m 池越えW52、最近まっすぐ飛んでくれないんです、Green左のラフ。W58で2mに寄せてPar拾い。

No.15Par4 311m W1、擦り玉が向かい風に負けて全然飛ばず右ラフ。残り165m向かい風、手堅く行くべき所だけど自分を抑えられず、W5でFull Shot! 真っ直ぐ高くPinへ、向かい風と上手くバランスが取れて、Pin上3mにOn、Birdieは取れなかったけど、気持ちヨカー! (博多弁使ってみました)これがGOLFの醍醐味だよねー。

ここまで後半は4オーバー、No.16Par 128m こんな所に松平さんが待っているなんて...、I9でダフッてカナリShort、W58はオーバーX2、で、3PuttのTB。

No.17Par5 446m Tee Shotこんなに狭いところ打たないとイケマセン、途中から左に90度曲がっていってます。右の大豪邸には沢山打ち込まれたのでしょうか?大きなネットが。W1調子上向きです、飛びすぎてヒヤッとしました。2ndはI8で刻んで、W58で90Y、Pin上6mにOn、下りのPutt狙いにいってアララの3PuttでブーのBogey。

54+46=100(S67+P33) Par4,Bogey6,DB3,TB3,+5

YMさんとはJakartaでご一緒させて頂いて以来、ライバルであると私は勝手に認識しているのですが、握りの結果は大きく負け、11打差もついてしまいました。
一回目のローテーションが完了するまで我慢のGOLFを誓ったSurabaya第二戦でした。

0 件のコメント: