2009年8月2日日曜日

ROUND62 - Jakartaの名門コース

今日はJakarta Golf Clubで初めてのRound、Soeharto大統領も愛し、1872年にOpenした名門コースです。

噂通りの難コース。木が大きく成長していて開けている部分が狭く、大概のHoleでTee Shotするを躊躇してしまうコースばかりです。White Teeでは全長が短いので、BlueでChallengeです。

No.1Par4 282m イキナリこんな狭い所からTee Shotです。幸いW1は右浅いラフ、2nd105mW52は真っ直ぐ狙い通りBunker越えで2.5mにOn、こういう時は簡単にBirdie、幸先良いです。


No.2Par4 368m こんな所、スライサーの私にはストレスが溜まります。DB。
TDさん、この写真をみて反省して下さい。真っ直ぐ飛ばない原因、判るでしょ?
No.11Par4 269m ここもとんでもなく狭い! キャディさんはW1を手渡して、遠くで待ってます。加減してSwingしても上手く行く訳ないので、キチット振り切る、とフェード球にも係らず左のネットを越えていきました。何でそんなに左に行っちゃうの?ここはアイアンが欲しかった!


No.12Par3 165m ここも木が張り出してきて、目の前は大きな池、I5力みすぎて池を何とか超えました。

No.14Par4 309m TDさんこの時は確かNice Shotでしたよね、これくらい抑えてSwingで満足したほうが良いかと思います。これもTee Shot悩みます。

No.17Par4 314m 右ドックレッグ 亀歩き禁止の看板。17番に何故? もっと初めのHoleの方が効果的では? スライサーの私にはぴったりの右ドックレッグ、W3力んでスライスして林に打ち込んだと思いきや、飛び越えてFairwayへ、110mW52Green右のカラー、Putterで20cmに寄せて難なくPar。

No.18Par4 378m 最終No.18、W1は右のバンカー。残り190Y、W5で振りぬくと…、
右の葉っぱをかすめながらも、Pinへ真っ直ぐなんと距離ピッたし、Pin横2mにNice On、こんな当たりが出ちゃうと、次回も夢見たShotをしちゃいそうです。Birdieで締めれると思うも、そんな簡単なもんじゃないです、Par。

という事で、O47+I45=92(S64+P28) Birdie2, Par2, Bogey8, DB3, TB3
Puttは絶好調、今度はShotを磨いて再挑戦したいCourseです。

TDさん大スランプ・・・、飛ぶ鳥を落とす勢いは何処へ・・・? でも少し上向いてきている感じは有りますよ!

0 件のコメント: